FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
2016年_春の京都②
京都「勧修寺(かじゅうじ)」

亀甲山(きっこうざん)と号する真言宗山階派の大本山である。  
寺伝によれば、昌泰3年(900)醍醐天皇が、生母藤原胤子(いんし)の御願により創建したと伝え、
寺号は、天皇の祖父に当る藤原高藤(たかふじ)の諡(い)号をとって勧修寺と名付けられた。  
本堂は、江戸時代に霊元天皇より仮内侍所を、書院と宸殿は、明正天皇より旧殿を賜って
造られたといわれ、本堂内に千手観音像を祀る。  
庭園は、氷室池を中心とした池泉回遊式庭園で、夏には、池の水蓮が美しい花を咲かせる。

☆書院
2016年_春の京都

書院前に不思議な植物。
2016年_春の京都

木?
なんとこちら、樹齢750年と言われ1本の木だそうです。
「ハイビャクシン」といい、ヒノキ科の植物で地面に這うように一面覆っているのはなんと1本の樹だって!!!
2016年_春の京都

おもしろ~い!
そのハイビャクシンに埋もれるようにして佇んでいる灯篭。

2016年_春の京都

こちらは「勧修寺型灯篭」で水戸黄門様のご寄進。
ユーモラスなスタイルで有名なんだそうです。

書院から先、丸い飛び石が並ぶ先へ

2016年_春の京都

きれいに咲いた桜が。空も青空♪

2016年_春の京都

☆本堂
2016年_春の京都

残念ながらガラスが反射していたので祀られている「千手観音像」は拝見できませんでした。

本堂から池のほうへ行くと石像が。
2016年_春の京都

近くを幹線道路が走っていて車の往来する音がするのですが、石像を見ていると音も忘れるような静寂さがあります。
2016年_春の京都

ふと反対側を見やると、何やら見覚えのある後ろ姿。

2016年_春の京都

おお~。弘法大師さま!
え?勧修寺って弘法大師さまと関係あるの?

何も考えずガイドブックにある散策コースを回っているので、知らなかった。

なんとここ「勧修寺」は、日本における真言系仏教宗派のひとつで、古義真言宗に属する真言宗山階派(しんごんしゅうやましなは)の大本山でした。

なんだかとっても親近感~。(なんせ、四国出身なので)

☆観音堂の裏手
2016年_春の京都

ソメイヨシノはまだまだだな。

池のほとりを先へ進むと変わったものが。
2016年_春の京都

多分、五重塔を模した灯篭?かな。

2016年_春の京都③へ続きます。

BlogRankingBanner
スポンサーサイト



★本ブログについて★

まず、こちらをお読みください

読んでね♪
☆訪問者数☆
ようこそ、いらっしゃいませ!
☆ブログランキング参加中
☆1日1クリックお願いします★
プロフィール

Quadrifoglio

Author:Quadrifoglio
四つ葉のクローバへようこそ!

自身が撮った写真を紹介させていただきます。
photolibraryとリンクしております。
お気に召した写真はご購入いただけます。

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1004位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
347位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ