FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
長崎は今日も・・・・ その⑤
横道にそれましたが、オランダ坂に戻ってきました。

ここは「東山手洋風住宅群(7棟)」のあるところ。
長崎は今日も・・・・

見えているのは明治20年代後半頃に建築された木造洋館で、狭小な宅地に密集した形で7棟の建物が建ち、内外とも意匠・仕上げが質素、構造上各棟がほぼ同一なことから、社宅または賃貸住宅として計画的に建設されたのではないかと推定されている建物。

昭和58~63年(1983~88)にかけて改築され、現在6棟は居留地時代の様子を写真・ビデオで解説する東山手地区町並み保存センター、古写真・埋蔵資料館、国際交流の場・ワールドフーズレストラン東山手「地球館」として活用されています。

入口の一番手前の建物が東山手「地球館」です。
長崎は今日も・・・・

以前、中は見学しているので今回はスルーしました。

これでオランダ坂終わり。
長崎は今日も・・・・

振り返ると結構傾斜があるなぁ。
長崎は今日も・・・・

さて、オランダ坂を降り切ってすぐ、右手へ行ってみると何やら派手な建物が見えてきました。
長崎は今日も・・・・

屋根の上にまるでブレーメンの音楽隊のような動物の列。
長崎は今日も・・・・

よく見ると一番前の人は「舌」を出してる?アッカンベーしてる?
長崎は今日も・・・・

干支の行列でもないし、何を意味しているんだろう。

表へ回ってみました。
長崎は今日も・・・・

あぁ!これが「孔子廟 中国歴代博物館」か。
前々から存在は知っていたけど、実際に訪れたことはなかった。
長崎は今日も・・・・

けど、時間がないので外から見ただけ(笑)
長崎は今日も・・・・

龍が屋根にいますよ。(次の辰年の年賀状に使えるかも?!)
長崎は今日も・・・・

何度見ても気になるこの行列(笑)
長崎は今日も・・・・

入ってはいないけど、「孔子廟 中国歴代博物館」の概要は。

”元来、孔子廟とは、孔子の遺品を納め祀ったのが始まりで、明治26年(1893)中国清朝政府と華僑によって建造されました。
琉璃瓦・青白石製欄干・龍紋様の御道石・孔子像、72賢人石像などはすべて中国から取り寄せられたものです。
併設の中国歴代博物館は、2階には北京故宮博物院提供の宮廷文化財を、3階には中国歴史博物館提供の出土文化財を一堂に展覧しています。”

ですって。

長崎は今日も・・・・ その⑥に続きます。

BlogRankingBanner
スポンサーサイト



★本ブログについて★

まず、こちらをお読みください

読んでね♪
☆訪問者数☆
ようこそ、いらっしゃいませ!
☆ブログランキング参加中
☆1日1クリックお願いします★
プロフィール

Quadrifoglio

Author:Quadrifoglio
四つ葉のクローバへようこそ!

自身が撮った写真を紹介させていただきます。
photolibraryとリンクしております。
お気に召した写真はご購入いただけます。

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
415位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ